ケンカの気持ちをずっと持っていたら復縁は難しいですよね。ケンカは相手だけじゃなく、自分にも非があることが多い。それをきちんと受け止めることから始めましょう。ここではケンカ別れしてしまった彼と仲直りするやり方を紹介します。

ケンカで別れてしまった時の仲直りのやり方

ケンカした時ってお互いに感情が高ぶってるから、その場で仲直りすることってよっぽどでない限り難しいです。
そのままケンカ別れしちゃったけど、やっぱりまだ未練があって仲直りしたい、復縁したいって気持ちがあったら即行動するべきです。

 

ケンカの理由もいろいろあると思います。
ケンカの時はお互いに相手が悪いと思ってるからケンカになるわけで、その気持ちをずっと持っていたら復縁は難しいですよね。
よく「ケンカ両成敗」って言うじゃないですか?
ケンカは相手だけじゃなく、自分にも非があることが多い。
それをきちんと受け止めることから始めましょう。

 

相手が悪いと心の中で思っているうちはなかなか復縁って難しいです。
まずは自分にも非があったことを認めましょう。
また、ケンカ中のやりとりって感情が高ぶっている時の言葉です。
言われたことに関してはあまりケンカと繋げずに考えましょう。
あぁ言われた、こんなこと言われたなんて思ってたら復縁なんてできません。
売り言葉に買い言葉、意外と自分もひどいこと言ってたりするものです。
でも、感情が高ぶってるから覚えてなかったりします。
たとえ覚えてても、ここまで言わなきゃ良かったと後悔することも多いものです。
相手もそうかもしれませんよ。
だからこそ、ケンカ中の言葉のやりとりはあえて触れないことが大事なんです。

 

まずはケンカのきっかけについて謝るよるよりも、ケンカしたこと自体について謝りましょう。
よく先に謝ったほうが負けなんて言いますが、復縁したいなら負けでもいいじゃないですか、先に謝りましょう。
意地を張ってるうちにきっかけをなくすことも多いです。
負けでもいい、自分から謝りましょう。
じゃっかんやりすぎ感があるくらいに謝って、相手の傷ついたプライドを落ち着かせてましょう。
そのあと、相手の気持ちが少し落ち着いたのを感じてから、ケンカのきっかけとなったことについて謝ります。
そしてお互いに納得して和解できるように持っていきます。

 

それでもケンカから仲直りしたあとって、なんとなく気まずい感じが残っちゃいます。
この気まずい感じは引きずったらマイナス効果しかありません。
なるべくケンカ前の一緒にいると楽しい、落ち着くと言った感じを取り戻すことが大事です。
また、ケンカ後仲直りしたときは今までよりも会う頻度を多めにしましょう。
ただ、あまり未練っぽさとか見せないようにしましょう。
相手に舐められない程度にする駆け引きが大事です。
そして相手にやっぱり好きだなという感情を持ってもらえるように自分をしっかり磨いていきましょうね。

 

 

関連記事一覧


このページの先頭へ戻る